• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4231
  • 公開日時 : 2014/08/19 00:00
  • 更新日時 : 2020/11/30 13:11
  • 印刷

早朝高血圧とは?

回答

早朝高血圧とは、仮面高血圧の一つで、起床後1、2時間以内の血圧が高い(135/85mmHgを超える)場合をいいます。

統一された診断基準はございませんが、起床後1~2時間以内の血圧が、家庭血圧の高血圧基準「最高135mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上」である場合、「早朝高血圧」と判断する専門家(医師)が多いようです。
 
血圧計の機能として、朝の週平均値が、最高血圧135mmHg以上または最低血圧85mmHg以上のときお知らせする「早朝高血圧確認機能」があります。
詳細は、下記「血圧計 機能比較表」にてご確認ください。
>血圧計機能比較表
 ⇒「早朝高血圧確認」で絞り込んでください。
 
仮面高血圧について、詳しくは下記FAQをご確認ください。
>仮面高血圧とは?

アンケート:ご意見をお聞かせください

健康機器のお問い合わせ画面に移動  スマートフォンアプリのお問い合わせ画面に移動
このページの先頭へ戻る