• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4225
  • 公開日時 : 2014/08/19 00:00
  • 更新日時 : 2020/11/24 12:05
  • 印刷

手首式血圧計は正確ですか?上腕式との値の差はありますか?

回答

上腕式血圧計での測定値と、手首式血圧計での測定値を比較した際、差が生じることはあります。

上腕と手首ぞれぞれ血管の太さや硬さに差があり、血圧値にも差が生じることはあります。
 
また、手首式血圧計は、測定時の機器の位置(腕の高さ)により、値が変動します。
測定の際は「本体が心臓と同じ高さ」になるように合わせ、測定をお願い致します。
※本体が心臓より低い位置で測定した場合は値が高く、心臓より高い位置で測定した場合は値が低く出る傾向があります。
 
手首で測定した血圧は「手首の血圧」
上腕で測定した血圧は「上腕の血圧」

 
それぞれ正しく測定されますが、値に差があっても「どちらかが誤っている」ということではありません。
手首・上腕、各部位での血圧の傾向を知り、血圧管理にお役立てください。
参考

血圧計の正しい使い方は、下記FAQをご確認ください。
腕帯の正しい巻き方が知りたい (動画)

血圧の変動については、下記FAQをご確認ください。
>一日の血圧の変動について

アンケート:ご意見をお聞かせください

健康機器のお問い合わせ画面に移動  スマートフォンアプリのお問い合わせ画面に移動
このページの先頭へ戻る