• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4223
  • 公開日時 : 2014/08/19 00:00
  • 更新日時 : 2020/10/16 14:57
  • 印刷

一日の血圧の変動について

回答

血圧は常に一定ではなく、健康な人であっても一日の中で変動しています。

普通は起床後徐々に上昇し、日中に高さのピークをむかえて、夕方から夜にかけて下がっていきます。
これを「血圧日内変動」と呼びます。
また、時間帯や曜日、会議中、デスクワークなどの異なる状況下において、血圧変動のパターンに個人差や違いがあることも確認できています。
 
さまざまな要因による血圧の変動を確かめるためには、一日のなかでの複数にわたる血圧測定や、継続的な測定が有効です。
そして、正しい血圧値を知るには、毎日同じ時間に同じような状態・環境で測りましょう。
※家庭血圧は、少なくとも1日2回(起床時1時間以内の排尿後・朝食前・降圧薬服用前と就寝時)、安静状態で測りましょう。
 
血圧の変動(日内変動)について知り、そのリズムや関連する生活習慣等について正しく理解することは、とても大切なことです。
自分の心身の状態やリズムをより正確に把握することで、日々の健康管理に役立てましょう。
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

健康機器のお問い合わせ画面に移動  スマートフォンアプリのお問い合わせ画面に移動
このページの先頭へ戻る