• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4508
  • 公開日時 : 2014/08/26 00:00
  • 更新日時 : 2018/12/12 15:18
  • 印刷

検温する部位による一般的な温度差は?

カテゴリー : 

回答

検温する部位による一般的な温度差は、温度が高い順に 直腸 > 鼓膜(耳)> 舌下(口中) > ワキ と言われています。

ワキや舌下などによる体温の測定値は、外気温や汗、唾液などの影響を受けやすく、体の内部の温度より低く測定されます。

温度差には個人差があり、年齢によっても異なります。
 
耳とワキの温度別分布画像
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

健康機器のお問い合わせ画面に移動  スマートフォンアプリのお問い合わせ画面に移動
このページの先頭へ戻る