• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 17709
  • 公開日時 : 2021/04/26 09:08
  • 印刷

パルスオキシメータの原理は?【パルスオキシメータHPO-300T】

回答

パルスオキシメータは指先に光を当てることで、酸素飽和度(SpO2)を測定しています。

パルスオキシメータは、赤色の光と赤色ではない光の2種類の光を指に当てて、センサーが受け取る光の量を測定することで酸素飽和度を見ています。
 
肺に取り込まれた酸素は、ヘモグロビンと結合することで全身に運ばれます。

酸素と結合したヘモグロビンと酸素と結合していないヘモグロビンでは、2種類の光の透過量に違いがあります。
その透過量の違いを機器で検出することで、酸素が多い血液なのかそうでないのかをパーセンテージで表示しています。
 
酸素飽和度について、詳しくは下記FAQをご確認ください。
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

健康機器のお問い合わせ画面に移動  スマートフォンアプリのお問い合わせ画面に移動
このページの先頭へ戻る