• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 17700
  • 公開日時 : 2021/03/26 14:39
  • 更新日時 : 2021/05/07 12:03
  • 印刷

データ転送の方法【音波通信体温計MC-6800B】

回答

音波通信体温計MC-6800BからOMRON connectアプリへのデータ転送については、下記手順をご確認ください。
 
①体温を測定します。
ポイント測定時のポイント
・体温計を挟んでいる反対側の手で腕を抑えて密着させる
・手のひらを上向きにするとわきがしまりやすい
 
 
体温を測定
 
わきでの正しい体温の測り方について、詳細は下記FAQをご確認ください。
 
②測定が終了すると測定結果が表示され、通信モードになります。
 測定結果画面と通信モード画面が交互に表示され、通信用の音波(ジジジという音)を発信します。
 
通信モード画面

③「OMRON connect」を起動し、右下の「+」ボタンをタップします。
次に「測定と転送」画面の「転送をはじめる」ボタンをタップします。
 
 
オムロンコネクト画面
 
オムロンコネクト画面
 
④マイク部(下図)に体温計をかざすことでスマートフォンのマイクが音波を受信。検温結果が数秒で転送されます。
マイク部表示
 
測定終了後の通信モード中に、測定結果のデータ転送が可能です。
 
※通信モードは約2分後に自動的に終了し、終了後は測定結果のデータ転送ができません
 
※データ転送完了後も、通信モードは約2分間続きます。
 
※通信モード中は、体温計本体から通信用の音波が発信されます。この音波の発信中は音が聞こえることがあります。
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

健康機器のお問い合わせ画面に移動  スマートフォンアプリのお問い合わせ画面に移動